3Mix法

 

 

3Mix法について

3-mix.jpg3Mix法は、3種類の抗生物質を混ぜ合わせた抗菌剤で、歯の中の病原菌を殺菌、無菌化する方法です。

3Mix法は虫歯治療や根管治療などいくつかの治療に応用できますが、特に3Mix法は、虫歯を完全に除去すると神経まで達してしまい、神経を抜くことになってしまう時などに3Mix法を使うと、神経を抜かないで済む確立が高くなり、結果的に歯の寿命を伸ばすことにもつながります。

3Mix法の特徴

3Mix法は、メタロニダゾール、ミノサイクリン、シプロキサンという3種類の抗生物質を混ぜて使用する治療法です。

虫歯の菌は、多数の菌の集まりで、歯垢の1ミリ中に十億個棲息すると言われていますが、それらを淘汰するためには、複数の抗生物質が必要になります。

3Mix法は、虫歯菌に効果的に効き、虫歯菌に侵された歯の象牙質の再石灰化を促します。


3Mix法はあまり痛くない
〜一般的な虫歯治療と違い、3Mix法は必要以上に歯を削らないので、痛みを感じないことがほとんどです。また麻酔も必要無い場合がほとんどです。

3Mix法は歯の神経を残せる可能性が高い
〜3Mix法は、抗菌剤で患部を殺菌することにより、神経を残せる可能性が高くなります。

3Mix法は象牙質が再生する可能性がある
〜3Mix法は、虫歯菌に侵されている歯の内部の象牙質を抗菌剤で殺菌することにより、それらの象牙質の再石灰化を促します。

歯と歯周組織の構造については、こちらをご覧ください。

歯の根の病気
〜3Mix法は、歯の根の病気の殺菌にも効果が期待できます。

3Mix法の概念(虫歯の場合)

普通、虫歯治療では、虫歯菌に感染してしまった歯質(軟化象牙質)を完全に除去しますが、3Mix法では、軟化象牙質を完全に除去すると神経が出てしまう時、この感染してしまっている軟化象牙質を完全に除去しないで意図的に残します(図Aオレンジ色の部分)。

そしてその上に3Mix(図B黄色の部分)を置き、上から歯科用セメント(図A白色の部分)と金属やセラミックなどの永久的な詰め物(図@青色の部分)で2重の蓋をします。
3Mix-picture1.gif
3Mix法 初期


数か月程度で、虫歯菌に感染した軟化象牙質が3Mix(図B黄色の部分)によって完全に殺菌され、軟化象牙質は、再石灰化して硬い象牙質(図Bオレンジ色の部分)になります。
3Mix-picture1.gif
3Mix法 数か月後

3Mix法の治療例(ひどい虫歯の場合)

深い虫歯で、他院で神経を取らなければならないと言われて、いらした方です。

レントゲンでは、虫歯を完全に除去すると神経が出てしまい、神経を取らなければなりませんでしたが、痛みがあまり強くなかったので、虫歯を完全に除去しないで、3Mix法で神経を残すことにしました。
3Mix-case1-x-ray400.jpg
3Mix法治療前レントゲン


写真は、虫歯の歯の状態です。着色剤でピンク色に染まっているのが、虫歯部分です。

この後、虫歯をある程度残したまま、表面の処理などの準備を行います。
3Mix-case1-before.jpg
3Mix法治療中


黄色い部分が、3Mix法の薬剤を入れたところです。虫歯は、意図的に残してあります。

この後、仮の詰め物をして痛みが出なければ、3Mixを残したまま最終的な詰め物を詰めて、治療が完了します。
3Mix-case1-after.jpg
3Mix法治療後

3Mix法の治療例(根管治療での応用)

根の神経の治療を他の歯科で、行っていたのですが、根の先の病気がなかなか治らず、最終的に抜歯することになって、転院してきた方です。

2本の根の先に黒い袋状の病気がはっきり見えます。重いような違和感が常にありました。
3mix-RCT-before-S.jpg
3Mix法治療前レントゲン


3Mixを使用して、根の再治療をして、6ヶ月たった写真です。

レントゲンでは、まだ完全ではありませんが、上の写真に比べて、根の先の病気が小さくなったのがわかります。重いような違和感も殆どなくなりました。
3mix-RCT-after-S.jpg
3Mix法治療後レントゲン