ひどい虫歯の治療前(33歳男性)

全体的にひどい虫歯で、いらした方です。

奥歯は特にひどい状態でしたが、診査の結果、歯茎の処置やクラウンレングスニングを行い、 出来るだけ抜かないで治すことにしました。

また、奥歯がなくなったことによって、噛み合せが低くなってしまっていましたので、噛み合わせの高さを高くして、正常な噛み合わせにすることにしました。
am-before-front-217.jpg
ひどい虫歯の治療前

ひどい虫歯の治療後(33歳男性)

すべての歯の歯茎の処置と根の治療を行い、土台を立てて、差し歯を作った状態です。一本ずつの歯があまり強い歯ではなかったため、すべての歯をつないで固定させています。

また、低くなってしまっていた全体の噛み合せを高くして、全体的に噛み合せを正常な高さに戻し、差し歯によって安定した噛み合せの基本(犬歯誘導)の状態を作りましたので、前歯、奥歯、共に負担が掛からないバランスの取れた噛み合せになりました。
am-after-front-217.jpg
ひどい虫歯の治療後


その他の、ひどい虫歯の治療例は、こちらをご覧ください。